スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雲の景色(横手山から)
- 2010/08/29(Sun) -
 志賀高原-2-8     Canon EF16-35mm F2.8 L II USM  ・ EOS 5D Mark 2



長野と群馬の間?付近にある横手山から夏の雲を撮ってみました。雲の流れが速くてびっくりします。
午後からは雲が降りてきて山を包み込んでしまいます。こういった景色はやはり午前中ですね。
雲の高さが近いと景色に臨場感といいますか、立体感が出てきますね。

続きにもう一枚。
 
この記事のURL | mountain - 山 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
- 2010/08/28(Sat) -
CANON-F.jpg 


2011年1月発売のこのレンズ・・・面白そうですね!魚眼レンズにはずっと興味がありますが、現在の手持ちでは16㎜が
最も広角。どんな写りをするのか早く見てみたいですね。F4というのが少し暗い気がしますが、大きくて高価なレンズ
では意味がないですから仕方のないところでしょうか。
欲しいレンズの筆頭になってきました(汗)。来年1月かぁ・・・

 
この記事のURL | tools - 機材道具 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
志賀高原 ちょっと寄り道
- 2010/08/26(Thu) -
  志賀高原-15   RICOH GX200



志賀高原ロマン美術館の建物です。黒川記章設計とのこと。中には入りませんでしたが、付近では結構目立つ建物で
思わずクルマを止めてしまいました。

この記事のURL | architecture - 建築 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
志賀高原 トレッキング (3)
- 2010/08/24(Tue) -
志賀高原-2-5 
RICOH GX200



目的地の大沼池にやっと到着しました。酸性の強い池で魚は住めないそうです。湯釜を思い出します。
湯釜とはまた違う綺麗なブルーが一面に広がっており神秘的です。
この時点で既にここから1時間半はかかるトレッキング最終地点からの帰りのバスに乗り遅れそうで
写真など撮る間もなく急がねばいけない状況でした。うまく写真が撮れずに残念・・・現像でごまかす(汗)。

続きにもデキの悪い写真がもう一枚・・・



この記事のURL | scenery - 風景写真 - | CM(0) | ▲ top
志賀高原 トレッキング (2)
- 2010/08/23(Mon) -
志賀高原-9 
Canon EOS 5D Mark 2  EF70-200mm F2.8 IS USM 



渋池からしばらく歩くと四十八池というたくさんの沼が集まったところへ着きます。
湿原をイメージさせる清々しい場所で休憩もできるようになっていました。
花もたくさん咲いていましたよ。

続きにも写真載せてます。





この記事のURL | scenery - 風景写真 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
志賀高原 トレッキング (1)
- 2010/08/22(Sun) -
志賀高原-4 
Canon EOS 5D Mark II   EF24-70mm F2.8 L USM 



盆休み前に志賀高原へトレッキングへ行ってきました。
志賀山を中心とした周りの高原にたくさんの池(沼)があって散策するコースです。
大沼池という表現できないほどの美しいブルーの池を目指して出発!
前山リフトを利用して向かいます。写真はまず初めに登場する渋池です。浮島?がとても綺麗です。
続きを見てくださいね。
この記事のURL | scenery - 風景写真 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イラン渡航・・・ペルシャの旅 (4)
- 2010/08/06(Fri) -
テヘラン-11    RICOH GX200 



イランの旅日記はあっけなく終了なのですが、写真好きの私としてはほとんど写真が撮れなかったのが残念です。
これは行く前からわかっていたのですが、公共施設等々・・・で写真を撮るとダメだということと、東洋人は本当に
目立つと言いますか、カメラを向ける前に逆にジロジロと見られて撮りづらい。
いろいろとTVから得る情報、特に報道から流れるイランのイメージとは違い、人懐っこい人が多くて様々な心配り
も受け、イメージはガラリと変わりました。
今回はテヘランしか行っておりませんが、機会があればぜひイスファーン(エスファーン?)という世界遺産のある
街に行ってみたいです。
上の写真は飛行機からですが、おそらくイランの国境を越えたくらいかと勝手に思っています。豪快な景色です。

仕事ではありましたが、なかなかできない貴重な経験をした気がします。個人では簡単に行けるとこじゃないとも
思いますし。

続きも見てくださいね。
 
この記事のURL | other - その他 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。