スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
石割山からの富士山
- 2010/01/30(Sat) -

Mt Fuji-8
 Canon EF16-35mm F2.8 L II USM  ・ EOS 5D Mark 2


二十曲峠から石割山へと続く登山道がある。登山というよりハイキングに近いかもしれないが、F値2.8クラスの
機材を数本且いで登るには少々ハードだったです。1400mくらいの山だったかな・・・

しかし!山頂へ登るとまたまた絶景です!おもわず「オー!!」と雄叫びをあげてしまいました。
超!?広角16㎜レンズがここで活躍できなかったら腕が悪い証拠だと自分に言い聞かせて撮影開始。
やっぱり腕が悪かった・・・

フレアが入るのはわかっていたけど、一筋の雲と並んでいい感じだったので。ここは絶対に行って損はない。
ほんのちょっとだけ体力が必要ですが。


この記事のURL | mountain - 山 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜明け直後の富士山
- 2010/01/29(Fri) -

Mt Fuji-6
 Canon EF16-35mm F2.8 L II USM  ・ EOS 5D Mark 2


日の出直後に赤く染まっている富士山の写真を撮りたくてスタンバっていましたが、急遽場所を変更・・・
なんて段取り悪いことしてたら絶好のタイミングを逃したみたい(涙)。
しかたないけど少しだけ赤い富士の写真を撮りました。
これで頂付近の雲の笠でもあれば雰囲気出るのになぁ。


この記事のURL | mountain - 山 - | CM(2) | TB(0) | ▲ top
二十曲峠からの富士山
- 2010/01/28(Thu) -

Mt Fuji-5
   Canon EF16-35mm F2.8 L II USM  ・ EOS 5D Mark 2 


忍野村から少し山へ入ったところに二十曲峠というところがあって行ってきましたが、いやぁ・・・
思わず感動の「絶景」です!
右に見えるは南アルプスの峰々で正面にはドカンと富士が見えます。
歴史ある峠のようですが、昔からこの景色は感動だったでしょうね。またこの角度から見る富士の
姿かたちが素晴らしいと思います。
広角16ミリいっぱいで撮ってみました。ここからさらに山へ登って行きました。次回へ・・・

この記事のURL | mountain - 山 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忍野村から富士山
- 2010/01/25(Mon) -

Mt Fuji-2  
Canon EF24-70mm F2.8 L II USM  ・ EOS 5D Mark 2


夜明けの富士を撮ろうと天気を気にしながらほぼ徹夜で行ってきました。
富士山の数ある撮影スポットの中でも気になるのは、やはり忍野村周辺からの富士。
同僚のNさんと一緒に氷点下8℃(MAX-10℃?)位の朝の冷え込みの中、楽しく撮影できました。
少しくらいは雲があったほうがよかったと思わせるほどの晴天!

数回に分けて載せます!

この記事のURL | mountain - 山 - | CM(2) | TB(0) | ▲ top
諏訪湖SAから八ヶ岳
- 2010/01/12(Tue) -

諏訪湖から-2
 Canon EF70-200mm F2.8 IS USM  ・ EOS 5D Mark 2  


中央道の諏訪湖SAで帰りに休憩をしようと立ち寄ると、綺麗な八ヶ岳の峰々が遠くに見えました。
200㎜のテレいっぱいにSAの窓越しから撮ったのですが、シャープには撮れないですね(涙)。
でも何回もこのSAには立ち寄っているのですが、こんなに綺麗に見えるなんてビックリ!

この記事のURL | mountain - 山 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2010年 初富士
- 2010/01/11(Mon) -

富士山-3    Canon EF70-200mm F2.8 IS USM  ・ EOS 5D Mark 2  


穂高へ向かう途中の中央道「初狩PA」で休憩をした際、豪快な富士が飛び込んできました。
冬の早朝だから拝める景色かな・・・くっきりと富士の姿が見えました。背景が曇りで残念でしたが、
BWでその時に感じた雰囲気を表現してみました。
※画像拡大できます。

この記事のURL | mountain - 山 - | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。