スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
RICOH GR DIGITAL Ⅱ  
- 2007/11/24(Sat) -

GDR-ADP-520
Nikon COOLPIX5000


やっほー(嬉) 新しい機材が増えました! 初代GR DIGITALから欲しかったんだ・・

GDR-520

 


 

GDR-裏面-520

 


第一印象としてはかっこいい・・・(笑) 質感も良く、よい仕上がりだと感じた。

GRレンズの描写は経験ないけれど、評価が素晴らしいので楽しみです。
スナップから風景撮影まで引っ張りまわしたいと思ってます。出動が一番多くなりそう(笑)。

機能面では初代に比べてスペックアップもしくは新搭載機能として以下の点がカタログに載っている。

・有効画素数のUP(1001万画素)
・画像エンジンの進化(GR ENGINEⅡ)
・電子水準器を搭載
・任意設定可能なノイズリダクション
・被写界深度表示機能
・RAWモードの速写生
・アスペクト比1:1 + 1:1のRAW撮影可能
・白黒設定
・撮影画像の縦横自動回転
・他にも

この中で楽しみにしているのは画質はもちろんのこと、アスペクト比1:1のスクエアーな世界をRAWで撮影できること。ハッセルは持ってない(買えない・・・)のでなんか楽しそうです。
電子水準器は役に立つかな!? 中判・大判カメラ使用時に水準器なしでは困ることが少なからずありますが・・・

被写界深度がわかるっていうのも興味深いです。どんな仕組みかまだ理解してないけど。説明書読まないといけないな・・・
縦横の自動回転機能って便利でしょうね!

いろいろ楽しみなことが多いですが、 どんどん使ってレビューもしていければと思っています。

最後にひとつだけ気に入らない点がありまして、オプションの「
フード&アダプター」というのを1枚目の画像のとおり装着してワイコン・テレコンなど拡張性を持たせるわけですが、チープなんですよこれが(涙)
NikonのCOOLPIXでワイコン19㎜装着しておりますが、アダプター含め金属性ですよ。
GRDのは装着時に気を使うほどのチープさです。GRブランドでこれではがっくりなところです。


スポンサーサイト
この記事のURL | tools - 機材道具 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<西明寺(京都)の秋 1/3 | メイン | 湖北の夕景 (滋賀 琵琶湖)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiikota.blog105.fc2.com/tb.php/85-390d2888
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。