スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フィルムスキャナー EPSON F-3200
- 2007/11/22(Thu) -

EPSON F-3200-01
Nikon COOLPIX5000

 


 

フィルムをスキャンする機材はエプソンのF-3200を使っている。

 

フィルム専用スキャナーですが、どれを選択しようかと悩む際、このエプソンのF-3200かニコンのCOOLSCANシリーズのどちらかになってくるんです。選択肢としては・・・

 


 

EPSON F-3200-02



選択肢がほとんどない状況でさらに中判・大判ユーザーには選択の余地がない状態に陥る(涙)。
中判以上ではニコンの場合、非常に高価な
9000EDの選択となり現実的には手が届かない。

そこで大判までこなしてくれるF-3200となるわけです。スペックはニコンのそれと比べると少々劣る面もありますが、コストパフォーマンスと大判まで使える便利さではこれしかないでしょう。

選択肢が少ないと書きましたが、フラッドヘッドスキャナーでは最近フィルムスキャナーにこだわった凄いスペックの機種も
エプソンから登場しているようです。
以前のフラッドヘッドスキャナーではフィルムスキャンに向かないケースが多く、実際にCanonのスキャナーで試みたときもありましたが、全くだめでした。

さてこのF-3200ですが、非常にコンパクトで扱い易く画質もさすがフィルム専用機といったところです。
しかし納得できるスキャンができるのはごく稀で、特に風景写真での色再現がフィルムのそれとギャップがありすぎます。これはどの機種も同じで仕方ないんでしょうね・・・

簡単に説明するなら、緑色がちゃんと再現されないんです。ほとんどのケースで濁った色になるためレタッチでなんとか補正・・・でも違和感でちゃいますね。
フィルムの緑色はデジタルの緑色とは全然違います。難しいところですねぇ・・(涙)。
 『フィルムスキャナー』 悪戦苦闘しております。 スキャンに関してはいろいろと勉強中なので、随時記事にしたいと思ってます(汗")。

フィルムとデジタルの両刀使いを目指す私としては、必需品なんです、このスキャナ・・・(苦笑)

スポンサーサイト
この記事のURL | tools - 機材道具 - | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<湖北の夕景 (滋賀 琵琶湖) | メイン | 水路閣 表と裏>>
コメント
--
kiikotaさん

これを使ってスキャンしていたのですね。これは4X5もつかえるのですか?
昔、ウィスターを持っていたこともあります。

この間、bessaを買ってリバーサルで撮ってみたのですがスキャン (epson F-600)が大変で、それに24exのリバーサルでフィルムと現像代で1,200円強かかりました。10本で12,000円、100本で120,000円。もう少しでカメラが買える!そう考えたらR-D1を買っていました。フィルムに近い雰囲気で気に入っています。

アナログをデジタルに変換するというのは結構大変です。元気と根気がないとできないです。それを失ってしまうと楽なほうへ、楽なほうへと向かっていきます。

kiikotaさんはぜひフィルムを続けてください。いつも楽しみに見ています。
2007/11/23 15:49  | URL | コロ #HSo7gLBY[ 編集] |  ▲ top

--
コロさんへ
確かにフィルムのデジタル化は大変な作業です。ブログやHPを作らなければ関係ない世界なんですけどね(汗")
根気が勝負ですが、このスキャナーは良くできていて楽に作業できます。
大判の4×5までOKです。スキャナー自体安いですし(笑)。

しかし残念ながらコストがかかりすぎますねぇ~(涙)
デジタルも並行してやっていこうと思ってます・・
フィルムじゃないとダメな被写体はフィルムで・・・
2007/11/24 20:54  | URL | kiikota #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiikota.blog105.fc2.com/tb.php/83-d87fb3d2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。