スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大台ヶ原 7/7
- 2007/08/15(Wed) -

白骨林の銘木02
 RICOH Caplio


白骨林の中にも印象的な「木」がたくさんありました。


ここまで豪快に倒れているとまさしく「根こそぎ」っていう感じですね・・・
周りにはササがびっしり生い茂り、倒木となってからの年月を感じさせてくれます。
コンパクトデジカメで適当に撮ってみましたが、もっとしっかり撮っておけばよかったな。




白骨林の銘木01


  


大蛇02
 


最後に「大蛇」というまさに秘境の絶景ポイントを堪能。
曇っていたのが残念でしたが、立っているのはかなり勇気がいる絶壁です。
写真ではわかりづらいですが、底が見えないので恐怖そのものです・・・


このポイントから「滝百選」に選ばれている「中ノ滝」と「西ノ滝」を遠方に見ることができる。前日の大雨で瀑流と化していたが、この二つの滝へは遭難者が多発した為か通行止めでたどり着くことは基本的にできないのが残念。
「中ノ滝」は落差250m、「西ノ滝」は落差150m、「東ノ滝」というのもあるそうですが、秘境好きとしては行きたくてしょうがない・・・(笑)


さらにここ大台ヶ原にはもう一つ魅力がある。
日本でも秘境中の秘境と呼ばれる「大杉谷」への入口が大台ケ原にあるんです。
雑誌「山と渓谷」の最近の記事を読みましたが、現在も登山道は過去の台風の影響で通行止めとなっており、再開には困難が伴う話となっていましたが、是非訪れたいところのひとつです。
大杉谷では毎年遭難死者が発生するそうで、登山装備としては高いレベルで臨む必要があることも記されており、この一帯が持つ自然の深さを改めて思い知らされます・・・

また今回は観光化されている東大台をまわりましたが、西大台はまだ観光化されておらず、今後は国が入山規制をかける(自然保護)計画があることも雑誌に記されていました。
確かに今回訪れた中で感じたのは「整備されすぎている」点でしたが、上高地一帯のようなマイカー規制を含めた入山規制は必要なのでは!?などいろいろ考えさせられた今回の大台ケ原でした・・・

スポンサーサイト
この記事のURL | mountain - 山 - | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<雲上の花花花 | メイン | 大台ヶ原 6/7>>
コメント
-あ~こんなでしたね!!-
改めて観てみるとやっぱり良いですよね。「大台ヶ原」は聞いたことありましたが、実際に行ってこんな世界があるのって感じでしたよね。本当吸い込まれる感じでした!!
私(同僚N)、この絶景ポイントを出発して、帰路の1時間は最悪だったです。喉はカラカラ、疲労こんぱいで倒れそうになったことも一緒に思い出します・・・(>_<)
でも、止められないですよね。
2007/08/19 21:28  | URL | きっちょむ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiikota.blog105.fc2.com/tb.php/40-daa1b9d5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。