スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旧岩崎邸 (重要文化財) 2/7
- 2009/01/13(Tue) -

岩崎邸 三菱 
Canon EOS 5D Mark II   EF24-70mm F2.8 L USM



ジョサイア・コンドルの設計と解説されていました。
この方は現東京大学工学部の初代教授として日本政府より招かれたらしい。弟子に辰野金吾(東京駅設計)など数々の著名な建築家を出している。
基本的のは17世紀英国建築の流れらしいが、ルネッサンスやイスラム風のモチーフも取り入れられているそうです。よく映画などで玄関に車を乗り付けるシーン・・・まさにそれです。
この洋館に和館が隣接されています。このミスマッチも素晴らしいものでした。
驚くのは中に入ってからです。豪華絢爛というか職人の技が結集されているような感じなのです。(次回)
続きにも写真を載せています。

岩崎邸 三菱 
Canon EOS 5D Mark II   EF24-70mm F2.8 L USM



岩崎邸 三菱 
Canon EOS 5D Mark II   EF24-70mm F2.8 L USM



不思議なことに派手で威圧するような雰囲気ではありません。とても品よく感じる外観です。

 

スポンサーサイト
この記事のURL | architecture - 建築 - | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<旧岩崎邸 (重要文化財) 3/7 | メイン | 旧岩崎邸 (重要文化財) 1/7 >>
コメント
--
なるほどてっぺんがモスクみたいなデザインだったりしますね。へー。
岩崎邸知りませんでしたが、見た瞬間に去年のお正月に行ってきた
松山の萬翆荘を思い出して、自分の古い写真を探してみました。
ぜんぜん小さかったけど、建物の中にいたときに明治の舞踏会を想像して、
クラシック音楽を口ずさんだことを思い出しました。
優雅ですよね。
2009/01/14 22:11  | URL | なつこ #vU02OZ7M[ 編集] |  ▲ top

--
なつこさん、こんばんは!ありがとうございます。
情報が少なかったであろう当時にこのような意匠を考案するのは余程の知識人であったことでしょう。見事に異文化が調和してましたよ。
2009/01/14 22:26  | URL | kiikota #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiikota.blog105.fc2.com/tb.php/309-7c34d600
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。