スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4 ( ディスタゴン 35ミリ F1.4 )
- 2008/01/26(Sat) -

Distagon35-1.4-02
RICOH GR DIGITAL II

 



 

昨日まで妻籠宿の写真を載せていましたが、その時撮影に主力としたレンズがこれです。
Zeiss好きの方なら今更うんちく書く必要もないディスタゴン35ミリのF1.4です。
数年前まで憧れのレンズであり高価でもあり、なかなか手が出なかったレンズ・・・
作例は続きを見てください↓↓↓

Distagon35-1.4-01
 RICOH GR DIGITAL II

 


 


ZeissのCYマウントでも特に人気のあるレンズだと思います。
F値が1.4なので明るく、広角にあってもボケ味がすばらしいレンズです。決して完璧な優等生ではないと思うが、私は柔らかい描写をするこのレンズが大好きです。
このレンズが登場したのは私が生まれた年だと知ったとき驚きました。自分の年齢考えると長いなぁと思います。Zeissにはもっと息の長いレンズが沢山あるようですが・・・

 


Distagon35-1.4 作例
 Carl Zeiss Distagon35mm F1.4
《 妻籠宿にて 》




上の写真はF値2で撮影したものをF-3200でスキャナーしました。
実はたくさん写真撮ったのですが、ボディ側の不具合でほとんど写真が真っ黒になってしまいましてこれ一枚だけが写っていたというショックな事態が妻籠宿で発生しました(涙)。
ボディは入院させます・・・
前ボケ後ボケともスムーズでピント位置では非常にシャープです。いい感じです。


 



Distagon35-1.4-03
RICOH GR DIGITAL II


 



ボディはデカくて重い・・・仕方ないけど。
レンズは吸い込まれそうなほどステキです(笑)。とにかく所有意欲満点にさせてくれますよ。
実際に活躍させるときは少なく(重い為)、同じ35mmでもF2.8を多用している。

ファインダーを覗いたときからトリコにさせてくれる数少ないレンズだと思っている。
そろそろCanonデジ一眼にアダプター介してつけたいと思ってはいるのですが・・・

 



スポンサーサイト
この記事のURL | tools - 機材道具 - | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<木曽山脈(中央アルプス)を中望遠で | メイン | 妻籠宿の風景 02 -木曾路->>
コメント
--
kiikotaさん

Zeiss、いい響きですね。自分も使ってみたいのですが手がでません。
Bessa、R-D1と手に入れたとき欲しかったのですが、Zeissを1本買う値段でvoightlanderが2本は買える。とつい貧乏根性が出てしまいます。

でもいつかはZeiss、そう思っています。
2008/01/26 22:02  | URL | コロ #HSo7gLBY[ 編集] |  ▲ top

--
コロさんへ
いつもありがとうございます。
性格上、道具から入っていく性質で腕は二の次です・・・(汗)
Zeissの良さは最近のレンズのようにカリカリと過剰にシャープに写る優等生ではなくて、バランスの良い描写と思っています。(個性的)
初めは子供を柔らかい描写で写したいと思いZeissに手を出しました。
あと、レンズそのものの質感は他を圧倒すると思います。(ライカは知らないので・・)
2008/01/26 22:30  | URL | kiikota #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiikota.blog105.fc2.com/tb.php/134-dc575804
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。