スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
妻籠宿の風景 02 -木曾路-
- 2008/01/25(Fri) -

妻籠宿08-800
RICOH GR DIGITAL II



「出梁造り」と千本格子、江戸時代の様式を守り人が住んでいる。凄いなぁ・・


妻籠宿07-500
RICOH GR DIGITAL II

 


 


この先に枡形と呼ばれるきついカーブ(直角)がある。上町と呼ばれるこの付近から寺下と呼ばれる付近にかけてが古い町並みを色濃く残していると思う。


 


 



妻籠宿14-500
RICOH GR DIGITAL II

 


 


本陣から少し下町へ寄った「脇本陣」付近からの撮影です。



 

妻籠宿02-500
CONTAX RX + Carl Zeiss Planar T* 100mm F2  Velvia100

 


 


観光客が少なく満喫できた一日でした。

 

スポンサーサイト
この記事のURL | street - 街の風景 - | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4 ( ディスタゴン 35ミリ F1.4 ) | メイン | 妻籠宿の風景 01 -木曾路ー>>
コメント
--
kiikotaさん、アングルが良いですね。
主役の被写体がハッキリしていて、奥行きも表現されていますね。

4枚目は背景の木々までしっかり写ってます。
デジタルと銀塩の違いですかね!?私は白っぽく霞んでおります(;_;)
2008/01/26 09:29  | URL | synapse92 #-[ 編集] |  ▲ top

--
synapse92さんへ
確かに4枚目の写真だとデジタルの場合、奥の木々は白トビする可能性は高いと思います。最近のCanonではハイライトの階調調整機能がついているようですがどんな感じなのでしょうね?
2008/01/26 22:23  | URL | kiikota #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiikota.blog105.fc2.com/tb.php/133-72d9c1ec
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。