スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
西穂高岳を望む
- 2007/12/26(Wed) -

西穂高登山道にて-04-500
Mamiya7Ⅱ+ Mamiya N65mm F4L  Velvia100

 


 

ピーカンだったのでちょっと空が寂しいですが、さすがは6×7判です。シャープで緻密な描写・・


この写真で手前の日陰付近は辛うじて写っておりますが、雪山撮影では雪の色(白)からの反射が強烈で通常日陰部分は露出のラチチュードから外れ「真っ黒」に黒つぶれするケースが多い。

近々登山へ行きたいと思っていますが、どのカメラを持っていくか?デジorFirm?ちょっと迷いますね。


雪山を撮る際に優先されるのはもちろん「雪」。
雪のハイライトから景色にあるシャドウまでをできるだけ幅広く写したいなら、光を受ける範囲が広く有利なフィルムの選択になるかなぁ・・・なんて理屈っぽく考えております。

スポンサーサイト
この記事のURL | mountain - 山 - | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<GREGORY TRICONI - グレゴリーザック | メイン | Christmas decorations>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiikota.blog105.fc2.com/tb.php/112-5c4e6007
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。